日本海寒帯気団収束帯 JPCZについて

                             文:上田

送料無料/賀茂鶴 上等酒 720ml×6本 1ケース 清酒 日本酒 化粧箱なし

冬には日本海側で大雪が降ることがあるわけですがそんなときに、このJPCZ(Japan Sea polar airmass convergence zone)が関わっているかもしれません。そして冬型の気圧配置の吹く冷たい風が、朝鮮半島の北部に位置する長白山脈(図1)によっていったん二分されます。

その後、風下である日本海の上空で再び合流。風と風がぶつかることで、雲の発達しやすいラインが形成。日本海には、対馬海流という暖流が流入している影響で、比較的海水が暖かくなっています。なので水蒸気がたっぷり供給されて雲ができるのです。雲がこのラインが「JPCZ(日本海寒帯気団収束帯)」です。雪雲が連続的に押し寄せてくるようなイメージですね。

基本的に風と風がぶつかることを気象用語で収束すると言い、上昇気流が発生するために悪天候となりやすいエリアです。

図1 weather news より 
図2 12時の気象衛星可視画像  気象庁より

図2を見てもらえれば分かるように朝鮮半島の根元から舞鶴あたりまで伸びているひび割れのような線がJPCZその人です。

の未明にかけてこの収束帯が形成されドカ雪の予報となっています。雪山を楽しみたい我々にとってはうれしいものですが雪には注意しましょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。